FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊は死んだ②

幽霊は死んだ①
幽霊は死んだ②
幽霊は死んだ③
幽霊は死んだ④



仮に霊魂があるとしたら、今度はその受け皿が必要になると思う。

地球上に留まられたんじゃ、いくら何でも数が多すぎるからだ。

では、あの世はどこにあるのだろう。 宇宙にあるのだろうか。

死んだ霊は地球を離れ、あの世である宇宙のどこかへ旅をするのだろうか。

それとも次元を超越し、あの世と呼ぶに相応しい場所へ行くのだろうか。

という事は、現在観測されている幽霊は、あの世へまだ旅立っていない霊魂なのだろう。

霊が見えると言う人は、それらを見ているのだろうか。



世の中には、紫外線が見える人がいる。

それと同じで、霊魂が見える人もいるのかも知れない。

もしくは、その人の脳内にだけ写っているものなのかも知れない。

今見えている世界は、光の反射を目のレンズで捉え、

脳に存在する視覚野に展開されたものだ。

この視覚野に異常が起きれば、その人の世界には霊なるものが写るのだろう。


では、霊とは単なるバグなのか?

霊魂はあるが、幽霊はいないのだろうか?

いや、見えている人を信じるのなら、断片的に存在はするのかも知れない。

しかし僕は見えない。 見た事が無い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。